フォト

最近のトラックバック

« 2回目のオビレッスン | トップページ | ちまきの味見第2弾 »

2019年3月11日 (月)

定期健診

Dsc_00015

定期検査も何回になっただろう?
PRA(進行性網膜萎縮)は漏れなく進行中ではあるものの


視神経が先生が想像していたより頑張ってくれて


視力は弱いながらも全盲には至らず


が、目の前の物に対しての反応が悪くなってる事は否めず


併発の白内障の進行も左目の進みが速く、広がりも見てわかるほど・・・



外に出た時に草の中に入らないように気を付けるのと

(弱視故、目に草が当たって傷をつけてしまうので)


物にぶつかるのを気を付ければ、弱視とは分からない


ノーズワーク頑張ろう

« 2回目のオビレッスン | トップページ | ちまきの味見第2弾 »

コメント

puriakuさん
どういたしましてm(__)m

プリンセスファンタジーさんでしたか!
教えてくださってありがとうございます!

puriakuさま
犬の事を考え次に繋がる繁殖をしておられるブリーダーさんでも、
それなりに色々ご苦労はあるみたいですが・・・
それでも、飼い主さんの言葉をきちんと聞いて下さるブリーダーさんなら、
と思いますよね。

ちまきは、PFさんの子です。
本当に犬の事を第一に考えてくださるブリーダーさんです。

ご返信ありがとうございました!
御礼遅くなりました。
はい。おっしゃる通り、お金です。
そして、犬はモノ。
私も真っ当なブリーダーさんを
日夜探しています。
シリアスブリーダーさん、頑張ってほしいです。
ちまきちゃん、とてもステキですね。
どこの犬舎からお迎えしたのか
差し支えなければ教えて頂けたら
嬉しいです😊

puriakuさま
コメントありがとうございます。

犬の事を考えて繁殖しているのか?
日本はまだまだ金儲け主義から抜け出られていない気がしてなりません。
中には本当に犬の事を考え、ラインを崩さずに繁殖しているブリーダーさんがおられるのも知っています。
後者のブリーダーばかりになってほしいものですね。

はじめまして。
PRAとお伺いしました。
うちにも検査できませんが迎えた子が
先天性疾患を持っていました。
やはり、責任逃れしか頭にないブリーダーでした。
今、アメリカではPRAと神経軸ジストロフィの検査セットでクリアでないとブリーディングできません。クリアと血統書に記載されています。もちろん悪ブリもいますが…
PRA、日本のパピヨンブリ、知ってる限り
検査してません。あるブリに質問しましたが、今まで、でたことないなら今後も検査をしない、と言われました。
買う側も買う前にもっとその血統を調べろと言ってました。
買う側:繁殖者 責任は50:50だそうです。
命あるもの、神のみぞ知るだそうです。
人間の障がいは保護されていて
なぜ、犬はダメなのか?だそうです。
ある血統ラインで疾患でたらその血統に
記載されている犬は全部だめで、うちに言うなら、その血統の全頭のブリに言え、と。疾患出た子は隠し通すものだ、と。
完全な仔はいない。耳毛ない、歯並び、
どこで疾患と線引きするのか、それは
飼う側の考え方ひとつだ、と。

もう、お話になりません。


👇この子は昔、近所で出会った子です。
生後2年足らずでPRA発症
有名なブリーダーさん出身
知らぬ存ぜぬでその後も同じブリーディングをし続けていたそう…

https://blogs.yahoo.co.jp/runa715papillon/19970137.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期健診:

« 2回目のオビレッスン | トップページ | ちまきの味見第2弾 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

真ん中わんこのLINK☆

無料ブログはココログ