フォト

最近のトラックバック

« カヤックの翌日は安曇野サマーカップ | トップページ | お肉の日 »

2016年8月19日 (金)

ブリーターの質の悪さ

例えば・・・例えばですよ



可愛い我が子に遺伝性の疾患が出たとします




親切で、それをブリーダーに教えてあげたとします



でも、ブリーダーって逆切れするんですね



お宅に譲った事を後悔してます。とまで言うんですね






DNA検査して、その結果、キャリア若しくはアフェクテッドだった場合

絶対交配してはいけない組み合わせなのですよ





それなのに、認めないブリーダー


最悪の一言に尽きます




こんなだから日本のブリーダー信用ダメダメなんですよ



「小さい時の健康診断結果は問題ないです」




そんなの聞いてないっちゅーの

両親の問題なんだから



ここでDNA検査してその結果を送りつけたらわかるんかな?


でも、こんな最低悪徳ブリーダーは分からないんだろなー




願いは1つ

今後、遺伝子疾患の無い子の交配を望むだけ・・・








最低悪徳ブリーダーには最低しか言いようがなく、はずれ引いちゃったかな?

って思うオーナーさんなのでしょうね・・・

« カヤックの翌日は安曇野サマーカップ | トップページ | お肉の日 »

コメント

ヒトミさん
善の顔できちんとブリードしてます。と言いつつ、
実は真逆の悪の顔なんですよね・・・
まるっきり犬の事なんて考えていない!
自らの手で不健康な子を世に出してる事、早く気づいて欲しいです・・・

激しく同意!
何で平気でブリードできるのか理解に苦しみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリーターの質の悪さ:

« カヤックの翌日は安曇野サマーカップ | トップページ | お肉の日 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

真ん中わんこのLINK☆

無料ブログはココログ